スポンサーリンク

Lezyne Mega XL GPSのバッテリー持ち時間を検証してみる

ロードバイク
スポンサーリンク

最大48時間のバッテリーの持ちが売りの「Lezyne Mega XL GPS」
現状のバッテリー持ち時間を検証してみる!

スポンサーリンク

背景

バッテリー残量がメモリ表示のTOP画面

先日、初ブルベ(200km)を完走してMega XL GPSを選んで本当によかったと思いました。
ゴールまでナビ&地図表示をしてくれ、誤作動もなく、途中の充電も不要で、完璧に仕事をこなしたMega XL GPS。
今後、より長距離のブルベに参戦する時が来たらどのくらいバッテリーは持つのだろうか?
そんな疑問と実験心で、現状のバッテリー持ち時間を検証してみようと思います。

TOP画面には残量の目安になるメモリはあって、大体の残量は分かるんだけど、「このサイコンはこの条件下だとXX時間持つはず」というリアルな情報が欲しいんです。(気分は既にランドナーw)

バッテリー残量(% or 残り時間)がサイコン上に表示できない前提で実験をしています。
 もし「ここ見たら一発やで」という情報がありましたら教えていただけると嬉しいですm(_ _)m

検証条件

  • バックライト(ON)
  • 画面の明るさ(90%)
  • ルート案内(ON)
  • GPS(ON)
  • 各種センサー(なし)

今回キモになるバッテリー残量は「メインメニュー – インフォ – バッテリー」から電圧値を見て予想しています。
ざっくりの時間が分かればいいので、電圧は一次関数的に減っていくという仮定としました。

満充電(100%)の電圧4.15V
低残量(15%)の電圧
(サイコンのアラート通知より)
3.49V
ゼロ残量(0%)の電圧
(ざっくり予想)
3.37V

あとは実際に上記条件下でライドをして、「ライド開始時の電圧」「ライド終了時の電圧」「ライド時間」が分かれば現状のバッテリー持ち時間が計算できそうです。
ライド時間は長いほど信頼性があるので、いつもの通勤路から少し離れたルートをRide with GPSで作成しました。

検証結果

実際にライドした結果が以下になります。

開始電圧 4.12V

終了電圧 4.00V

ライド時間 1時間31分

開始電圧4.12V
終了電圧4.00V
ライド時間1時間31分

(4.15V – 3.37V) / 0.12V * 91 / 60 = 9.86時間

9時間52分 だと。。。

考察

ざっくり仮定にしても衝撃の結果が出ました。。。まさかの「9時間52分」。。。
ブルベでずっと夜間走行する訳ではないけど、公称時間の「最大48時間」の半分は出ると思ってたのでショックが大きいw
後から気付いたことですが、バッテリーを大きく消費するであろうバックライトの明るさ「画面の明るさ」は設定で細かく変更が可能でした。
今は「90%」になっていますが一旦「60%」として、夜間に視認性が問題ない境界線を見つけて再トライしてみます。(すごく負けた感があるのでリベンジw)

参考までに条件は異なりますが、過去ライドで計測したものも挙げておきます。
ライドの半分〜全部をバックライトを付けた状態のデータになります。

■データその1

開始電圧4.15V
終了電圧3.65V
ライド時間10時間22分
バッテリー持ち時間16時間10分

■データその2

開始電圧3.58V
終了電圧3.40V
ライド時間4時間31分
バッテリー持ち時間19時間34分

■データその3

開始電圧3.81V
終了電圧3.62V
ライド時間4時間2分
バッテリー持ち時間16時間33分

200km、300kmブルベは何とか途中充電なしで行けそうだけど、それ以上の距離になると充電が必要そうです。
モバイルバッテリーは重いから出来るだけ持ち運びしたくないけど無理そうですねw

今回の検証は以上です!
またリベンジします!w

よろしければ下バナーをポチポチっとクリックお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログへ 

コメント

タイトルとURLをコピーしました